こんにちは。

今日は
「残業は正義か悪か?」
というタイトルで
お話しようと思います。
ウチの会社には
残業している=遅くまで頑張っている

すなわち高評価!

といった古い考え方の上司がいます。

ウチの会社はホワイトなので、
残業代はみなし残業ではなく、
やったらやっただけ手当がつきます。

また、基本的な考えとして、

「サービス残業などありえない」

という風潮がありますので、
17時就業時間終了の後、
17時30分まで仕事をしただけでも
30分の残業手当がでます。

これは、会社としては
とても良い事です。

ただし、これを逆手に取ると、

ダラダラ仕事をして残業すれば、
可処分所得が増える!

ということになります。

そう、誰だって少しでも残業して
収入を増やしたいんです。

いやいや、だからといって、
大した急ぎの仕事もないのに
毎日毎日1-2時間の
習慣的な残業をしてるのは
どうかと思うんです。
悪の残業ですね。

ましてやそれを
「頑張ってるから高評価」
とする上司も上司です。

こういう人たちって、

ダラダラ下手くそに
仕事してるだけですよ。

余計な事に首つっこんで、
自分の仕事が進んでないだけですよ。

シングルタスクで効率が悪いだけですよ。

妙なタイミングで
整理整頓とか始めちゃって、
仕事から逃げてるだけですよ。

パワポのお絵かきや
アニメーションが凝りすぎてる
だけですよ。

問い合わせの電話応対が
長すぎるだけですよ。

日頃の残業疲れで、
ミスが多くて時間がかかっている
だけですよ。


というところを見ていないんですね。
かかった時間はどうあれ、
結果しか見ていない。

残業10時間の人と、
残業30時間の人とで、
同じような結果が出たときに

30時間の人を高評価にしてしまう。

「毎日遅くまで頑張っているから」
といったところでしょうか。

こんな人に評価されたくないですよね。



就業時間内にササッと
仕事をおわらせて
チャイムがなったら帰る

アフター5は
趣味、トレーニング、
習い事、子育て、遊び
なとでリフレッシュ

の方がよっぽど効率的でスマートだと
思いませんか?

無駄な残業して
お金を沢山せしめるより、
よっぽど時間を有効に
使えている気がします。


きっと早く終わらせたいから
時間内は集中しているし、
余計なことをせず、
明日でも良い事を無理に今日やらないし、
計画的に仕事をしていると思うのです。

加えて、こういう社員さんは、
残業したくない
わけではありません。

緊急案件が入れば当然残業します。
この手の残業は正義です。

間に合わなかったら元も子もないですし。



さて、最近では、

トヨタ自動車は
10年目以上の社員に
残業手当一律17万
(主任職の45時間相当)
を支給する
また、超えた分は
別途手当が出る


といったようなニュースがありましたが、
これで業務効率は上がるのでしょうか?

今まで残業が50-60時間だった人が、
制度導入後に急に20-30時間になった場合、

「むしろ、今までなぜそんなに残業していたんだ?」

となりませんかね?

「やればできるじゃないか!」

なんて褒められるのも
変な感じですよね?

今度、トヨタに勤めている友人に
そのへんの話を聞いてみようと思います。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。