こんにちは。

今日は、私と分析化学との出会いについて
ご紹介します。


私が分析化学と出会ったのは、大学一年生の時です。

大学の講義の必修に「分析化学」というのがありました。

分析化学というと、
ヨウ素滴定
中和滴定
酸塩基滴定
などを最初にならった記憶があります。

大学二年時には分析化学から
機器分析化学へと発展しました。

機器分析化学とは、
分析機器を使用した分析技術のことで
ちょうど今の私の仕事と同じ分野になります。

HPLCもここで初めて出てきました。
まさかこれが仕事になるなんて
当時はみじんも思っていなかったでしょうね。

さて、大学三年になると、
各分野の教授の専門的な講義が増えてきます。

機器分析化学を教えていた先生は、
「環境化学」という名の講義をもっていました。

環境化学とは、機器分析化学の応用編になります。

世の中のあらゆるものを
HPLCやその他分析機器を使用して分析、数値化し、
大気・土壌・水質汚染など環境の変化を
モニターします。

モニターしている物質が増減してれば
その原因について考察するといった学問です。

大学四年になると、学生は全員研究室に配属されます。
ある程度の成績をとっていれば、
希望の研究室に入ることができます。

わたしは、第一希望に
環境化学を教えてくれた教授の研究室を選択しました。
そこそこの成績をとっていた甲斐あって、
なんとか入ることができました。

この研究室は、三年時の「環境化学」を実際に行う研究室です。
この研究室には大きな柱がありましたが、
「大気」「水質」の分析班、
分析する装置について研究する装置班
さらには
ある物質の生体(動物)内代謝について
研究する生体班もありました。


配属の後は、テーマ決めです。


大学の研究室というのは、
教授が好む既定路線の研究を行う
というのがメインになりますが、
わたしはどうしても何か新たしいことにトライしたいと思い、
上のどの分野でもない、
「植物」をテーマにしたい
お願いしました。

すると、教授は以外にもあっさりOKしてくれました。

生体・植物班(1名←New!!)の誕生です。


直属の先輩ナシ、過去の先輩の論文乏し
前例ナシ
文字通りゼロからの研究がスタートしました。

大学四年、21歳の4月のことです。


つづく。